森の響(もりのおと)

 

愛知県日進市米野木町

     南山973-13

Tel / Fax

     0561-73-8763

 

10時~18時

毎週火曜・第3水曜定休

席数 36席

駐車場 36台

店内全て禁煙

このページをシェアする

このページにいいね!をする

森の響 facebook ページに

いいね!する または 移動する

お店の営業日をチェック

 (10時~18時)

■ギャラリーについて

併設されたギャラリー・スペースでは 随時美術作品の展示が

されており自由にご観覧いただくことができます。

もちろん無料でご覧になれます。

 

ご覧いただけるお時間は以下の通りです。

 

    10時~18時(各展覧会の最終日は15時まで)

A.「一閑張りと着物地のチュニック展」

冠 豊子・加藤敏子

10月19日(木)~10月23日(月)

B.「秋色の宴」と同時開催です

 

和のある暮らしは暖かくて懐かしくて和みます。

古い時代の和紙や布等を張った一閑張りや

着物のリメイク服、小物など是非ご覧ください。

 

B.「秋色の宴」ORGANIC GLASS

石原長門

10月19日(木)~10月23日(月)

A.「一閑張りと着物地チュニック展」と同時開催です

 

白色は水晶。青色はラピスラズリ。焦茶色は岩黒…今まで

 ガラスに使われてこなかった自然石を用いる事で

体や地球に優しく口に入れても大丈夫な鉱石を選んでいます。

 試行錯誤してできた作品は普段の色ガラスにはない風合い

 と魅力を感じさせてくれます。是非ご覧ください。

 

ムービー

搬入中の作家さんにお話を伺いました。

作品もご覧いただけます。是非、ご視聴ください。

新聞にご掲載いただきました

中日新聞名古屋東版10/13(金)朝刊

和から洋への変貌 裂織りと創作洋服展

長江東亜子

10月25日(水)~10月30日(月)

 

新品の反物からお洒落に洋服へと変貌させます。

和布と語らいをテーマにシックにまとめてみました。

現在のデザインにいかに着物地素材を取り込めるか工夫しています。

 

新聞にご掲載いただきました

中日新聞名古屋東版10/20(金)朝刊

A.石川たまき・吉原眞知子

11月1日(水)~11月6日(月)

B.「M展 青木まりこ」と同時開催です

 

洋服作家石川たまきの独創的で年齢制限の無い洋服と

吉原真知子の革バッグ。

秋のファッションに取り入れたくなる新作が揃います。

是非ご覧下さい。

 

B.「M展」青木まりこ

11月1日(水)~11月6日(月)

A.「石川たまき・吉原眞知子」と同時開催です

 

森の響さんでの作品展は2回目となりました。

前回は仲間たちと一緒でしたが、今回は一人での開催となります。

ここ数年の旅のスケッチと、私にとっては日々欠かせない花を

描いてみました。お時間がございましたら是非ご覧下さい。

 

高橋アキ個展「ほしのつぼみ」

11月8日(水)~11月13日(月)

 

 

見逃してしまった!

もう一度観たい・・・

 

でも大丈夫。

 

特設サイトから気になる作家の作品をチェックしてみよう!

 

特設サイト入口>>

 

■ギャラリーご利用について

 

 

皆さんに自分で作った作品を見てもらいたい・・・

販売できたらなぁ

 

そんな想いのある方

 

森の響ギャラリーで作品を発表してみませんか!

美術的な作品であれば誰でもご利用いただけます。

 

ギャラリーご利用に関して >>

 

森の響(もりのおと)

愛知県日進市米野木町南山973-13

Tel / Fax 0561-73-8763

 

10時~18時

毎週火曜・第3水曜定休

席数 36席

駐車場 36台

店内全て禁煙

中日新聞名古屋東版8/25(金)朝刊