森の響(もりのおと)

 

愛知県日進市米野木町

     南山973-13

Tel / Fax

     0561-73-8763

 

10時~18時

毎週火曜・第3水曜定休

席数 36席

駐車場 36台

店内全て禁煙

このページをシェアする

このページにいいね!をする

森の響 facebook ページに

いいね!する または 移動する

お店の営業日をチェック

 (10時~18時)

■5月のコンサート-2015

このイベントは終了しました

ヴァイオリン:藤江扶紀

ピ ア ノ :永井基慎

 

【予定演奏曲】

クライスラー:才長けた貴婦人

サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン

プロコフィエフ:「3つのオレンジへの恋」より 行進曲

シューマン:「子供の情景」より トロイメライ(ピアノ・ソロ)

 

 

5月5日(祝・火)

①昼の部 14:00~

②夜の部 18:30~

2,800円(ケーキ・ドリンク付き)

 

 

 

クラシック音楽と言えばやはりヴァイオリンが一番の花形の楽器でしょう。

明るく華やか音色も ほとばしる情熱も 心にしみる哀愁も 海のように深い悲しみも大陸のような雄大さもヴァイオリンという楽器は表現してしまう。 

 

 

そんなヴァイオリンを小学生の頃から様々なコンクールで全国1位を獲得してきたいわば『天才少女』だった奏者が登場します。

 

 

東京芸大在学中には安宅賞、アカンサス賞、同声会賞を受賞。

卒業後、パリ・スコラカントルム音楽院へ留学。

現在は国立高等音楽院第2課程(修士相当)に在籍。

 

 

そしてピアニストは

東京芸大付属音楽高等学校在学中にパリ国立高等音楽院試験に審査員満場一致で合格し、同大学に在学中に渡仏

その後パリ国立高等音楽院第1課程を主席で卒業。

現在は、同院音楽課程第2課程に座席。

 

 

ということで同じ東京芸大を経て同じパリの音楽院に在籍されているお2人の凱旋コンサートとして行われるものです。

 

 

選ばれし2人による本格的なクラシックのヴァイオリン&ピアノ・コンサート。是非お見逃しなくご覧下さい。

 

 

 

ご予約はこちら>>

 

藤江扶紀

1990年、大阪府に出まれる。2002年、第56回全日本学生音楽コンクール小学校の部全国大会第1位。

2005年、第15回日本クラシック音楽コンクール全国大会中学校の部最高位。

2009年、第11回日本演奏家コンクール大学生の部第1位。

2010年、第19回ABC新人オーディション合格。

2011年、第80回日本音楽コンクール第1位。

 

国内外を問わず、リサイタルやオーケストラとの共演など数多くの演奏会に出演。

京都フランス音楽アカデミー、Euro Festival Academy、などの講習会でマスタークラスを受け、スチューデントコンサートに推挙される。

毎年5月に開催される宮崎国際音楽祭にも招待されている。

これまでに、東京交響楽団、京都市交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、ブルガリア国立ソフィアフィルハーモニー管弦楽団などと共演。

 

G.プーレ、P.ヴェルニコフ、堀正文の各氏のレッスンを受講。

これまでに、本多令子、故工藤千博、清水高師、漆原朝子、漆原啓子、P.フォンタナロザ、O.シャルリエの各氏に師事。

東京藝術大学音楽学部在学中に、安宅賞、アカンサス賞、同声会賞受賞。

 

2013年、同大学を卒業後、パリ・スコラカントルム音楽院へ留学。

2014年春、フランスにてLa Fondation Banque Populaire を受賞。

同年9月より、パリ国立高等音楽院第2課程に在籍。

永井基慎

1992年、東京都に生まれ、4歳よりピアノを始める。

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て同大学音楽学部器楽科ピアノ専攻に入学。

高等学校在校中にパリ国立高等音楽院第1課程ピアノ科に審査員満場一致で合格し、大学在学中に渡仏。

2014年、同音楽院第1課程ピアノ科をトレビアン(旧1等賞)の成績で卒業。

 

2004年、日本ピアノ教育連盟主催第4回ピアノフレッシュコンサートに出演。

2009年、静岡音楽館AOIにて野平一郎氏企画第4期ピアノ伴奏法講座を受講、修了演奏会にて漆原啓子氏とフランクのヴァイオリンとピアノのためのソナタを共演。

2010年、マコン・夏の音楽祭 “Les Nuits d'été de Mâcon”(フランス)にてリサイタル出演。

第63回全日本学生音楽コンクール高等学校の部東京大会第3位及び全国大会入選、受賞者コンサート出演。

第22回宝塚ベガ音楽コンクールピアノ部門第3位。

2012年、吉松隆のサイバーバード協奏曲の準ソリストとして、上野耕平(サクソフォン)、石若駿(パーカッション)と共に東京芸術劇場にて東京ニューシティ管弦楽団と共演。

2013年、フランス国家演奏家資格取得。

これまでにクールシュベール、エリザベト音楽大学国際音楽セミナー、クールシュベールinかさま等のマスタークラス・音楽祭に参加、受講生選抜コンサート等に出演。

 

これまでにピアノを岡本孝慈、加藤恭子、長尾洋史、横山幸雄、Jacques Rouvier、Prisca Benoit、Denis Pascal、Laurent Cabasso、Sebastien Vichard、Hortense Cartier-Bresson、Fernando Rossanoの各氏に、室内楽をLaszlo Hadady、Itamar Golan、Michel Michalakakos、Michel Moraguesの各氏に師事。

 

2011-2013年度公益財団法人明治安田クオリティオブライフ文化財団海外音楽研修奨学生。

現在、パリ国立高等音楽院第2課程(修士相当)ピアノ科、同音楽院第1課程室内楽科在学。