森の響(もりのおと)

 

愛知県日進市米野木町

     南山973-13

Tel / Fax

     0561-73-8763

 

10時~18時

毎週火曜・第3水曜定休

席数 36席

駐車場 36台

店内全て禁煙

このページをシェアする

このページにいいね!をする

森の響 facebook ページに

いいね!する または 移動する

お店の営業日をチェック

 (10時~18時)

■6月のコンサート①-2015

このイベントは終了しました

オカリナ:弓場さつき

ピ ア ノ :後藤智美

 

【予定演奏曲】

涙そうそう  BEGIN

愛燦燦  小椋 佳

トルコ行進曲  アマデウス・モーツァルト

ラ・カンパネラ  フランツ・リスト

スタジオ・ジブリメドレー

 

 

6月2日(火)

①昼の部 14:00~

②夜の部 18:30~

2,700円(ケーキ・ドリンク付き)

 

 

 

あの「天才オカリナ奏者」 または 「世界のオカリナ奏者」というべき大沢 聡氏の1番弟子が登場する。

 

弓場さつき

10歳よりオカリナを始め、学生時代に既にコンサート多数行い、将来オカリナ奏者の志すようになる。

 

福岡県立修猷館高等学校を卒業してから、地元を離れ単身研鑽を積む日々を送っていたが、更なるレベルアップの為2010年9月、世界的に活躍するオカリーナ奏者大沢聡氏の元へ弟子入りを決意、山梨県に移り住み現在に至っている。

 

 

大沢氏と言えばオカリナの常識を打ち壊し続けてきた人物。

日本でオカリナと言えば「宗次郎」か「大沢 聡」である。

 

オカリナが持つ「草原のそよ風」や「天空の宇宙」などのイメージを一掃してしまうほどのインパクトを持つその音色や演奏技術は世界が認め、オカリナ発祥の地イタリアの「オカリナ博物館」には「オカリナという楽器の持つ可能性を飛躍的に発展させた」とし、大沢氏のファースト・アルバムと楽器が展示されている。

演奏ジャンルも幅広く、クラシック、ジャズ、ポップス、歌謡曲、演歌、フュージョン、オリジナルと未だ誰もオカリナで足を踏み入れていない領域にもどんどんと広がっていっている。

昨年にはニューヨーク・カーネギーホールを満席にし、伊勢神宮の一般では入ることが出来ない「神楽」の舞台で神に捧げる奉納演奏を今回で2度目の演奏を行っている。

 

その大沢氏の1番弟子である弓場さつき。

現在では各地でソロのリサイタルや講師活動を行い、さらには活躍の場を世界にまで広げている。 

 2014年6月アメリカ・ニューヨークで開催された日米親善オカリナフェスティバルに参加、カーネギーホールにてソロ演奏を披露している。

 

2013年にはクラシックの曲を中心にした待望のファースト・アルバムをリリースをし大変好評を得ている

2014年には自身が開発に携わった「Satsuki Ocarina」をFocalink社より発売。

オカリーナ界の新しい風として注目を集める若手奏者である。

 

新しく世界を切り開くオカリナの世界を是非ご堪能いただきたいです。

お見逃しのないように。

 

 

弓場さつき オカリナコンサートに参加する >>

弓場さつき

 1991年生まれ、福岡県福岡市出身。

オカリーナを大沢聡氏に師事。

 

10歳よりオカリーナを始める。

学生時代に数々のコンサートを経験しオカリーナ奏者を志す。

2010年3月福岡県立修猷館高等学校を卒業し、地元を離れ単身研鑽を積む日々を送る。

同年9月更なるレベルアップを目指し、世界的に活躍するオカリーナ奏者大沢聡氏の元へ弟子入りを決意、山梨県に移り住む。

2011年山梨県笛吹市にて初のリサイタルを開催。以降毎年ソロリサイタルを山梨・福岡にて開催している。

 

現在は全国各地で演奏・講師活動を続けながら、2014年6月アメリカ・ニューヨークで開催された日米親善オカリナフェスティバルに参加、カーネギーホールでソロ演奏をする等、活動の幅を海外にも広げている。

 

2013年7月ファーストアルバム「Strada」を発表。2014年9月には自身が開発に携わった「Satsuki Ocarina」をFocalink社より発売。

オカリーナ界の新しい風として注目を集める若手奏者である。

 

第46回国際芸術連盟新人オーディション合格、審査員特別賞並びに奨励賞受賞。現在国際芸術連盟専門家会員。

 

弓場さつきホームページ >>

後藤智美

山梨県出身・在住。

国立音楽大学附属高等学校音楽科を経て、国立音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻を卒業。

 

これまでにピアノを星ちえ子、小澤陽子、金山典子、今野信子の各氏に、伴奏法を今野尚美氏に師事。

 

山梨・東京にてジョイントコンサートを開催。

 

伴奏ピアニストとして数々のリサイタル・コンサートに出演。

 

現在後進の指導にあたる傍ら、ソロ・伴奏等の演奏活動を各地で積極的に行っている。


ムービー

弓場さつきさんの演奏を少し紹介させて頂きます。

是非、ご覧下さい。


早い指使いの「天国と地獄」とミディアムテンポのバラード「ありがとう」の2曲をお聴きいただけます。

 


子供から大人まで皆が知ってるジブリのナンバーから「さんぽ」(となりのトトロの挿入歌)です。



オカリナの音色が心にしみる「涙そうそう」。

名曲ですね。