森の響(もりのおと)

 

愛知県日進市米野木町

     南山973-13

Tel / Fax

     0561-73-8763

 

10時~18時

毎週火曜・第3水曜定休

席数 36席

駐車場 36台

店内全て禁煙

このページをシェアする

このページにいいね!をする

森の響 facebook ページに

いいね!する または 移動する

お店の営業日をチェック

 (10時~18時)

■6月のコンサート‐2016

こちらのイベントは終了致しました

Amelia:ボーカル

殿岡ひとみ:ヴィブラフォン

湯田大道:ギター

 

【予定演奏曲】

・イパネマの娘

・ウェイブ

・オルフェ物語

・ナダ マイス

・海を見ていた午後    他

 

 

6月14日(火)

①昼の部 14:00~

②夜の部 18:30~

2,900円(ケーキ・ドリンク付き)

 

 

 

 

 

みなさんは

ボサノヴァと聞いてどんなイメージを持ちますか

 

 

 

青い海に白いカーテンが風を受けてひらめく。

休日の午後。

南国のリゾート・・・

 

 

どうでしょう。こんなイメージのジャンルではないでしょうか。

気だるくアンニュイなボーカルとポルトガル語の響き。

爪弾くギターの音色、さらにお洒落な和音の響きと心地よいリズム・・・

 

それに日本から遠く離れた地球の裏側 ブラジルの音楽ということも

そのイメージを強くさせる要因なのでしょうか。

 

 

しかし、ブラジルにはもっとエネルギッシュで楽しい雰囲気の

ボサノヴァも存在しています。

 

 

 

ブラジリアン・ポップス

 

 

 

僕らがイメージするボサノヴァよりリズミカルでノリがいいけど、

やはりボサノヴァの微妙な気だるさがちゃんとある。

ジャズの要素もあって独特の雰囲気を醸し出していて

日本でも人気のあるジャンルでもあります。

 

 

Ameliaさんはブラジルに暮らしていたことの経験から

現地での生の音楽に親しむことができ、

帰国後すぐにボサノヴァ、サンバ、ブラジルアン・ポップスの演奏をするバンドを結成し活動を始められました。

ここにAmeliaさんを評した言葉です

 

 

 

「そこに、リオの風を感じさせる希有なシンガー」

 

 

 

そして、あのジャズ・シンガー ケイコ・リーさんに師事し、

ジャズにも精通している人気のボーカリストなのです。

 

 

 

そして、今回の共演者が素晴らしいのです

 

 

まずは殿岡ひとみさん。

実はもともと、殿岡さんとは違う件でお話をしたことがありました。

その際にご自身の演奏されているCDを1枚名刺のように差し出して、

「実は本業はミュージシャンでこんな活動をしています」と言われました。

ミュージシャンとは知らずにお会いしていたのでびっくりしましたが、殿岡さんが行っていた活動やその時の情熱さらには感性が素晴らしい方だったので、楽しみに聴かせていただいのです。

 

 

そのCDはヴィブラフォンと男性のピアニストが演奏されているものでした。

聴いてみると、技術と情熱、伝えるべきメッセージをしっかり持ち、物凄い集中力を感じられる素晴らしい演奏でした。

一瞬で虜になりました。

 

 

 

是非、ここで殿岡さんのコンサートを企画したい・・・

 

 

 

そんな思いでいる時にAmeliaさんとのお話の中、

殿岡さんと一緒に演奏されることがあると聞いて

それでは是非殿岡さんを含めたメンバーでの企画をお願いしたのです。

 

 

 

そして、もう一人素晴らしいギタリストが共演します

湯田大道さんです。

 

 

今回、こちらで演奏していただくのは初めてですが、

まず特出すべきはその経歴です。

  • 神戸の音楽院を卒業
  • ヤマハPMSの講師となる
  • バークリー音楽大学に奨学金を獲得して留学

 

バークリー音楽大学といえば

渡辺貞夫が卒業したことで知られるアメリカはボストンとカルフォルニアにある世界的名門校音楽大学です。

 

 

 

Jazz といえば、バークリー

クラシックといえば、ジュリアード

 

 

実際にはJazz意外にも様々なジャンルの音楽を教えていますが、

Jazz といえば、バークリーなのです。

 

ジョン・スコフィールド、ゲイリー・バートン、アルディ・メオラ、

クインシー・ジョーンズ・・・・

有名人の卒業生を上げればキリがないです。

 

日本では世界のジャズ・ピアニストの上原はるみ、MALTA、ミッキー吉野などなど

 

 

 

つまり、技術は保証されているのです

 

 

 

そしてもう一つ、

湯田さんは作曲・アレンジが出来るということです。

音楽を演奏することにおいてとっても重要なことがあります。

それは、

 

 

いかにその場にいるお客さんに感情を伝えられるか

 

 

その時その時に伝えるべく音をどう構成しアレンジするか。

それが出来るのはアドリブが出来るのとはちょと違うのです。

最適に伝えるための方法を作り直す技を知っているということです。

 

 

 

さぁ、準備は整いました。

あとは皆さんを待つだけです。

 

今回も素晴らしい演奏を目の前で聴く迫力と臨場感。

体験した人しか分からない心の満足感をご提供いたします。

 

是非、ご体験してください。

お席には限りがございます。

今すぐご予約のご連絡を。

お待ち致しております。

 

 

 

 

 

ご予約はこちら>>

 

Amelia

三井物産勤務時代にブラジル・リオに3年間駐在。

帰国後、ボサノバ・サンババンド『ベニーズ☆リオ』を結成し、名古屋のライブハウスを本拠地として、ブラジル音楽(ボサノヴァ・サンバ・※MPB)普及の為のライヴ活動を行う。

現在は、ソロ活動を積極的に行っており、全国のライブハウス及びレストランやカフェに出演。

そこに、リオの風を感じさせてしまえる希有なシンガー。

ジャズを5年間ケイコ・リーに師事。

 

2003 年、七尾市『モントレージャズフェスティバル』にて審査員特別賞受賞。

2005年、愛知万博では『愛・地球博トワイライトコンサート』に出演。

2012年1月・12月、愛知県芸術劇場コンサートホールで行なわれた愛知淑徳大学ウィンドオーケストラによる東日本大震災チャリティコンサートにゲスト出演。

 

2010年7月 1stCD「帰還(RETORNO)」リリース

2015年9月 2ndCD「自立(INDEPEDENCIA)」リリース

 

※ムージカ・ポプラール・ブラジレイラ(Musica PopularBrasileira)=ブラジリアンポップス

 

 

Amelia オフィシャルウェブサイト >>

殿岡ひとみ

1971年生まれ。

アメリカの高校にてブラスバンドをはじめ ジャズバン ドに傾倒。

帰国後桐朋学園音楽大学にて打楽器、マリンバを安倍圭子氏に師事。

現代音楽を始めオーケス トラや室内楽など多様なアンサンブルで経験を積む。

1997年渡米しニュージャー ジー州立ウィリアムパターソン 大学ジャズ科修了。

自己のバン ド、Fred Ho, Kevin Norton "Metaphor Quartet" のメンバーとして活動。

The New School (Manhattan,NY)音楽療法クリエイティブアー ツ学科。

2001年9.11の同時多発テロに現地で遭遇しそれを機に帰国。

2011年よりガーナへ定期的に渡航しマスタージル、ドラマー、ダンサーに師事し研鑽を積む。

名古屋在住。

 

 

殿岡ひとみオフィシャルウェブサイト >>

湯田大道

1977年10月20日生

大阪府出身 名古屋在住

神戸にある甲陽音楽学院を卒業後、

ヤマハPMS講師を経てバークリー音楽大学の奨学金を獲得し留学。

帰国後はジャズを中心に幅広い分野で活動している。

これまでにクリスティ・チェイニー

、アレックス・イーズリー、兵庫PACオーケストラをはじめ国内外の多くのミュージシャンと共演し、関西発のコンテンポラリージャズグループVermilion Fieldでアルバムを二枚リリースしている。

近年は学校の愛唱歌や映画音楽などの作曲も手がけている。

ソロでの活動にも力を入れ、その範囲は全国各地に及んでいる。

特に沖縄・八重山諸島での活動は現地の新聞やラジオでも度々取り上げられている。

また昨年より度々東北各地を訪れ、その経験は自身の作曲・表現に強く反映されている。

 

 

湯田大道オフィシャルウェブブログ >>