森の響(もりのおと)

 

愛知県日進市米野木町

     南山973-13

Tel / Fax

     0561-73-8763

 

10時~18時

毎週火曜・第3水曜定休

席数 36席

駐車場 36台

店内全て禁煙

このページをシェアする

このページにいいね!をする

森の響 facebook ページに

いいね!する または 移動する

お店の営業日をチェック

 (10時~18時)

こちらのイベントは終了致しました

次回講習会は7/25(火)を予定しております。

こちらは前回の講習会の案内です。

参考までにご覧下さい

↓  ↓  ↓

東京藝術大学大学院修了 笠井一男先生が教える

笠井一男 水彩画講習会

 

 

もう悩まなくてもいいです!

水彩画作品の表現の幅を広げたいあなたに

今を変える魅力的な方法

 

 

 

 

水彩画を描いていて

こんな悩みを持っていませんか。

 

    * なぜ、私の絵はいつも代わり映えがしないんだろう?

    * 何を描いても何故かどれも同じ感じになってしまう・・・

 

 

どうしてこんなことが

起きてしまうのでしょうか?

 

    * あの人はどうしてあんな素敵な作品を書けるのかしら?

    * いろんな感じの作風も書き分けれているし

    * 柔らかい光を感じるし・・・でも私の作品には・・・

 

 

作品の表現の幅を広げるためには

絶対に必要なものがあります!

 

それは、様々な技法です。

水彩画には様々な技法があります。その様々な技法を使って描くことで、仕上がりが大きく違ってきます。

表現方法の幅が広がっていけば、色々な雰囲気の作品を描くことが出来るようになります。

適材適所に技法を使うことであなたは作品を大きく変えることが出来るのです。

 

 

憧れの作品に使われている様々な水彩技法

 

様々な技法を駆使して描いている人の作品っていいですよね。本当に憧れてしまいます。

柔らかい光の中の穏やかな空気感、夏の日差しのように強烈に訴え掛ける存在感、ガラスや水に差し込む一筋の光、遠くに霞む雄大な風景の豊かさ、朝日の爽やかで優しい光、ゴツゴツとした野性味溢れる岩肌・・・  素敵ですよね。

 

どれも様々な水彩画技法を使って描かれているはずです。

同じように絵の具を水に溶いて同じように塗っていては表現の幅は広げられないのです。

描く対象によって技法を変えながら描くことができれば、

今よりもっともっと楽しく描くことができるようになります。

そして、何より周りの人があなたを見る目が変わりますよね。

 

 

あなたは何種類の技法を使えますか

 

新しい技法を覚えるにはまず、自分の絵に新たな表現を取り入れたいと思うことが必要です。

惰性で描き続けていても、新しい技法を習得することは出来ません。

今使っているの技法の経験値が増すだけです。

なのでまずは、新しい技法を習得したい!と思わないと、一生手に入れることは出来ないかもしれません。長く描いているからといって勝手に出来るようにはならないのです。

 

 

水彩画は難しい・・・

 

そうなんです。

水彩画は周りの人が思っているほど簡単ではないです。

小学校でやっているから、その延長に思われていたり・・・

周りのみんなはどれぐらい難しいか知らないのです。

水の量、絵の具の量、筆のスピード、構図、書く順番・・・

いろんな要素が必要なのですし、その要素が少し変わるだけで結果が大きく左右されてしまいます。

 

 

 

 

 

しかるべく学ぶ場所が必要です

 

技法を学ぶには「技法書を読む」という方法が一般的ですが、書籍だけでは習得できない内容も多いのです。「どのくらい・・・なの?」という加減の情報が書籍には書ないのです。

自分一人では判断が出来ないことが生まれてしまい、技術習得の壁が乗り越えられないのです。

 

次に教室においての習得はどうでしょう。

実は様々な技法を丁寧に教えてくれる教室はあまり存在していません。

「技法に走るよりまずは沢山描いて慣れることが一番の勉強」と考えている先生方も多いのが現実です。

どうしても技法の習得は後回しされることが当たり前になってしまいます。

 

 

では、どうやったら習得できるのか?

 

今回、そんなあなたのために2つの特別講座ご紹介します。

しかし、ここで学べる技法は2つだけではありません。

 

①午前の部

「ファースト・ウォッシュを活かして 水のある風景を描く」

 

②午後の部

「ネガティブ・シェイプを活かして 光のある街角を描く」

 

の2つの講座です。

 

 

今回の水彩画講習会は技術の習得をポイントにしています。

その上で大きく2つのテーマを学びながら、

多くの水彩技法の解説を行います。

 

デモンストレーションで実際に先生が描いて教えてくれます。

そして今回は、

水彩技法講座(レクチャー)という形をとることで、

もっともっとアカデミックに習うことができるようになりました。

 

以下をご覧ください。

 

 

 

東京藝術大学大学院修了の先生が教えます

 

今回の講習会であなたが得られるものとは・・・

 

1.水彩画技法講座(レクチャー)

様々な技法や皆さんが陥りがちなよくある間違いや、デッサンでの注意すること、パースの考え方などを独自の切り口で丁寧に解説いたします。

 

 

2.デモンストレーション

今回のテーマになっている作品を実際に先生に目の前で描いていただきます。

どんな技術がどこで使われ、どんな効果をもたらしているのかが全て丸分かりです。

 

 

3.参考作品の鑑賞

先生の最新作が15点ほど実際にご覧になれます。参考作品を使用することで講義内容を

より深く理解することができます。

 

 

4.特別情報レポート2部をプレゼント

①「パースや透明水彩技法レポート」  ②「野外スケッチ用イーゼルのつくり方」

先生の分かりやすい解説をレポート形式にした特別情報をプレゼントいたします。

 

 

さらに、勉強熱心なあなたのために、特典をお付けできる事になりました。

 

 

5.情報レポート

「間違えていませんか?  ― Easy Mistake ― 」

 誰もが陥りやすい17の間違いを解説したレポートをプレゼントいたします。

 

 

6.書籍が全て10%off

講習会当日に限り、森の響店内の書籍が笠井先生の著書も含め全て10%offで販売します。

 

 

変えられる未来へを

 

水彩画を描く上で最低限知らなくていけないこと、

素敵に仕上げるために知らなくてはいけないこと、

表現の幅を広げるために知らなくてはいけないこと。

 

今回は全てではありませんが、2時間の限られた時間でできる限り沢山の内容を

お伝えいたします。

得られた知識をどんどん使って今まで知らなかった世界へ大きく1歩を踏み出し

ましょう。

 

今度はあたなが憧れの存在になるのです。

その第1歩がこの講座から始まります

 

 

 

 

 

 

さて、この講習会の参加費はいくらでしょう。

笠井先生はとても人気の先生です。

通常東京で、笠井先生の講習会を実習付きで受けると1講座10000円が相場です。

今回は実習がないのでその分を差し引いても最低でも7000円を下ることはないでしょう。

そして、もし東京まで先生の講座を受けに行こうとすれば、交通費やその他諸々まで考えると30000円

ほどご用意頂かなければ受けることができない講座なのです。

 

それが今回この森の響で行われ事ことで特別な金額でご参加いただけることになりました。

いくらでしょうか。10000円でしょうか。いえ、違います。

 

すべての特典をお付けして参加費は各講座5,000円です。教室に2回通うよりも安い金額になっています。

東京の講習会に参加することからみると大きな金額の差です。

ここまで詳しく技法のレクチャーをしてくれる先生は名古屋に探すのはとても困難です。

是非、この機会を逃さないでください。

 

 

11月29日(火)

①午前の部 10:30~12:30

  「ファースト・ウォッシュを活かして 水のある風景を描く」

 

②午後の部 13:30~15:30

  「ネガティブ・シェイプを活かして 光のある街角をを描く」

 

 場   所: 森の響  参加費: 各講座5000円

(ご参加は11月21日に抽選にて決めさせて頂きます)

 

 

 

 

さぁ、これで準備は整いました。

あとはあなたのご連絡を待つのみです。

 

下のフォームに必要事項をご記入のうえ送信してください。

お電話でも結構ですが、メール送信が簡単です。 0561-73-8763

 

 

さぁ、思わず人に自慢したくなる絵を

描けるようになりましょう!

 

想像してみてください。

友人や家族に「最近絵が変わったね」「上手になったね」「素敵ね」と言われているところを。

もうすでにあなたは変わろうとしています。

私にそのお手伝いをさせてください。

 

もう、受け付けは始まっています。

今すぐこのフォームにご記入の上、送信してください。

参加者は11月21日に抽選にて決めさせて頂きますのでご了承ください。

 

 

あなたのご参加を心よりお待ちいたしております。

 

 

このイベントは終了致しました 

【ご登録フォーム】

フォームに必要事項ご記入ください。

次回の講習会の案内をお知らせ致します。

メモ: * は入力必須項目です